« ウェールズは大雪だ | Main | ラインの黄金と600ポンドの歯の治療 »

27.02.2004

メンターの存在

Mentorという言葉を知っていますか?これは、仕事などの組織上の上司ではなく、個人的な信頼関係に基づく師匠を指す。英語の意味は、指導者です。
残念な事に、いまの自分にはメンターはいない。これは由々しき問題で、自分のように転職を繰り返す人間にとって、組織を超えてアドバイスを頂ける人の存在は、重要な存在です。こまったとき、選択に困ったとき相談できる人生のお師匠さんのような存在である。
もし、会社の中で、これは!とおもえる人がいたら、ぜひとも個人的な信頼関係を築くことをお勧めする。
そのような方に出会えない場合、自己啓発系のセミナーやパーティや知人の紹介を通じて、人的ネットワークを広げると共に、自分のメンターを探す努力をすべきだ。
自分の人生だから、自己の責任において行動は行うべきだが、実績のある先達者の意見や自分を理解している人のアドバイスを頂いた上で判断する方が、よりよい方向を選択することができる。

でも、自分事で恐縮ですが、困ったことにまだメンターを見つけられていない。日本へ戻った時の、重要な課題の一つです。

« ウェールズは大雪だ | Main | ラインの黄金と600ポンドの歯の治療 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference メンターの存在:

« ウェールズは大雪だ | Main | ラインの黄金と600ポンドの歯の治療 »