« A9 | Main | アカデミックな環境にいること »

16.04.2004

ASPの未来 その3

ASPビジネスは、結局のところ、あんまり成功していないというのが、一般的な見方ですが、実は、セールスフォースドットコムは、どんどんうまくいくんじゃないかなぁと思う。

理由は、導入が簡単、コストが月額タイプ(サブスクリプション)、ブラウザなどのインターネットへのアクセス環境があればどこからでも利用できる、だからだと思う。それに、ソフトウェアと違って契約だけで利用できるから、部門の判断で導入できる。
営業支援システムというか顧客情報管理システムというのは、どの会社にとっても重要なシステムだが、中小企業にとっては、なかなか予算立てが難しいかったと思う。多くの会社は、エクセルで管理していて、頑張ってアクセスで構築する会社はそれほど多くなかったんじゃないかなと思う。
ということで、ブロードバンドと携帯電話などのモバイルデバイスの普及は、潜在的なものも含めて上記ユーザーのCRMソリューションへ対する需要の掘り起こしに成功していくのではないか。

それに加えて機能も豊富だから、中小企業だけでなく、大企業も導入しているようだ。大企業が、シーベルやSAPを利用して顧客管理システムを構築した場合、インターネット経由でアクセス可能にするには、VPNの設定などのセキュリティ対策が必須になるから、とてもコストが高くつくし、運用も面倒だ。社外のシステムを利用すれば、それはなくなる。あとは、常に付きまとう課題だが、ユーザのセキュリティ教育をしっかりやることだ。なんでもかんでもERPなどと結ぶ必要もないだろうしね。ちゃんとウェブサイトを見てませんが、必要とあらば社内システムとも専用線(もしくはVPN)などを経由して連携可能なんじゃないかな?パートナーが沢山いるから、カスタマイズも対応しているし。(1対多より1対1の方が安全かな。)

CRMソリューションにおいて、SAPとシーベルのどっちが業界一位かという議論はともかく、彼らとて現在、中小企業へも目を向けだしたのだから、セールスフォースは、その競合として充分な相手になるのではなかろうか。
両陣営とも、結局、マス・カスタマイゼイションに方向が向くならば、セールスフォースに利があると思うが、どうなることやら。

自分の会社のASP商品が、日本市場において、ソフトウェア優位の状況を崩せていないこともあって書くのだが、ぜひセールスフォースドットコムにはASP商品として成功を実現して欲しいものだ。応援してます。

« A9 | Main | アカデミックな環境にいること »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ASPの未来 その3:

« A9 | Main | アカデミックな環境にいること »