« イギリスの大学はほぼ国立 | Main | マネジメントとリーダーシップ つづき »

14.09.2004

帰国準備のあわただしさ

追試組だったんで、卒論の提出は12月末とはいえ、10月1日から元の会社へ戻る予定(クビになったりしないよなぁ)なので、帰国後も実質卒論に割り当てられる時間は非常に少ない。

という状況の中で、銀行口座を閉じたり、不要と思われる本を売却したり、図書館へ行って本を返したり、参考文献をコピーしたり、コピーカードやプリンターのチャージ分を取り戻したり、あれこれとまだやる事が沢山ある。

はあ。

« イギリスの大学はほぼ国立 | Main | マネジメントとリーダーシップ つづき »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 帰国準備のあわただしさ:

« イギリスの大学はほぼ国立 | Main | マネジメントとリーダーシップ つづき »