« September 2004 | Main | November 2004 »

October 2004

31.10.2004

レポートが進みません

転職活動に区切りがついたので、卒論へ集中できるようになった。

だけど、家で書こうとするとどうしても集中できない。

実は、ついついテレビを見てしまう。

やっぱ、図書館いって書こう。PC用の席って稀少だから明日は早起きしよう。

おやすみなさーい。

30.10.2004

レアもの手相

このサイトで自分の手相を占ってみたら、プレミア級の手相だってさ。

ほめられると、素直にうれしいと思う。ばら色の人生だよなーんて書いてあったけど、そこまでハッピーでもないかな。慢心しちゃだめとも注意されたので気を付けまーす。

先週までどうやったらPositiveな気持ちになれるか困っていたが、なんとか上向きに物事を解釈できる気持ちになってきた。

今度、リアルに手相を見てもらおうかな。

「普通ですよ」って言われたりして。←こういうところがネガティブなんだよね。

29.10.2004

もっと稼げ!!

前の上司へ、転職活動の経過を連絡したら、そろそろ稼ぐ段階じゃない?っていう気持ちの入ったメッセージをもらった。賃金も他者から見ると、その人の客観的な評価基準なんだから勉強している時期は終わらせて賃金も重視しろと。

確かに、移るときは、前職のサラリーも評価基準になるから、あまり安いとそのポジションに見合わないと思われて採用を見送る可能性もある。(事実、いまの会社へ入るとき、前職のサラリーが安かったので、採用を見送られかかった。)

お付き合いしているエージェントさんと打ち合わせして分かった事は、現在提示されているサラリーは相場としては一般的な範囲に収まっているらしいんだが。

「安く経営者に使われるな」と言われると、もっと強気に行くべきなのか??

転職を前提とした就職ではないからなぁ。短くても5年はいるつもりなんだけど。
よし、昇給の基準を聞いてみよう。

28.10.2004

解雇に関する合意書を送付した

ついに合意書へサインをして会社へ発送してきた。

これで11月31日付けで退職である。

これまで長い間お世話になった人たちへの感謝の気持ちと、現状のトップマネジメントへの不信感が絡み合っているが、まあ一区切りついたということだな。

会社が、少なくとも株主を幸せにできるように、影ながら応援していますよ。あと、従業員を大切にできる会社に早くなるといいですね。

英語での面接はちょっと・・・・

まだまだ面接を続けている。

今日は、英語で面接だった・・・。

って、そんな就職面接のようなフォーマルな場で英語使うの初めてだから、日本人同士だって面接ってのは緊張するのに、さらに緊張した。

だから、恥ずかしながら何しゃべったのかあまり憶えてない。

もっとしゃべれるようにならんとなぁ。←って準備してけば良かったんじゃないのか!!

27.10.2004

もう一個でた

先週の金曜日に面接した会社からオファーが出た。

日本に古くからあり、グローバルカンパニーで、マーケティング職で、IT絡みの新規事業である。
給与は微増で管理職ではない。だが、他の条件をすべて満たす。

いくら学位を取ったって、経験の無いプロフィットセンター側で簡単に職を見つけられるわけは無いと思っていたし、事実書類で落ちまくっていたから、やっぱりうれしい。

この選択は、純粋な意味での後戻りはできないので慎重に判断すべきだが、こちらへお世話になると思う。
たとえば、5年後の自分を描く時、今回の転職活動で一番具体的にイメージできる機会がここにはあると思うのだ。

追記:
そういえば、金曜日に面接して、翌週の火曜日に内定が出たのだ。しかも、面接は一回だけ。すげー即決。
新卒だったら、書類・筆記・2-3回の面接をやって採用するのにね。

キャリアパスを考える

転職時に重要視することって何かなって考えている。

外資系の社内情報システムでキャリアパスを考えると、ゴールはCIOって事になるんだけど、それしかないんだよねぇ。
これだと留学したことが英語くらいしか活かされない。

しかし、転職ってのは過去3-4年の経験を元に企業も採用するから、私の場合は情報システムで入社するのが、一番現実的なのだ。本意で無くても。

休職中の会社でプロフィット側の仕事へ留学後異動してキャリアを積み、必要なら転職するっていプランはもろくも崩れ去った今、いくらそれを希望しても企業は採用してはくれない。めったに。

だから、まずは情報システムへ入社し、その後に異動の可能性が潜在的にある企業へ行きたいと考えている。しかし、こういう企業からはなかなかオファーが出てこない。

だから、この場合、給与は二の次だと考える。
たとえば、5年後の自分がどれだけの経験値を上げているのかと考えると、情報システムだけの機会しか無い企業よりも、異動のチャンスがある企業で働くことの方が、今の自分には留学をより効果的に活かす上でも、重要だ。それによって、キャリアパスの幅が広がる。

そういう意味でも、ベンチャー的なフレキシビリティがある企業のIT・インターネット系の情報システム部門へ就職するっていうのが現実的な決定だな。

ようやく絞れた。

26.10.2004

初内定!

とある外資系からオファーをいただきました。アジア地区のマネジャーだし、年収も100万以上あがる。
だけど、キャリアパスがあまり魅力的じゃない。
う〜ん。

でも、すっごいストレスから解放されたよ。ともかく採用したい会社があるってことは分かった。

あたまがクラクラする

どーも体調がすぐれない。

頭がくらくらして、集中力も沸かない。

そして、いくら寝ても足りない。

こまった。

25.10.2004

UKバージョンのCV

そういえば、今日のTOEICの試験中に気がついたんだが、

USとUKってCVの書き方違うんでしたね。

転職活動ではすっかり忘れてUS系の会社へもUKバージョンで提出してました。

エージェントは誰も指摘してくれなかったんで、気がつきませんでしたよ。

よくもまあ、英語のレジュメだけ提出した外資系の書類審査通ったなぁ。

24.10.2004

BBC Newsで記事発見

BBC Newsでも新潟の地震が報道されてる。

記事の横にあるVIDEOをクリックしてみたら、今回の地震と先日の台風の映像だった。

石の文化であるUKでは、このような地震も台風も縁がないから、この映像を見てもリアルさは中々伝わらないだろう。(河川の氾濫による被害はあるらしいけど)

天災によって建物はあまり破壊されないからなぁ。私の住んでいた寮など、築100年以上前だったのだ。

私自身もテレビが映す現実世界しか見れないのだが、被害の拡大が収まることを祈るばかりである。

集中力を全部消費した気分

今日のTOEICは、みなさんはどうでしたか?

私は、集中力使いすぎで未だ頭が痛いです。

3年位前に受験した時と違って、そこそこできたんじゃないかなと思う。

一般的に得点源は、後半部分だと思うんだけど、ここで取りこぼしが少ないといいな。

どんな結果が待ち受けているのだろう。

楽しみだ。

23.10.2004

ちょっと落ち着こう

エージェントさんと信頼関係を壊してしまった。
1社だけの付き合いだけでないことは承知されていると思うのだが、筋の通ってないことしてしまった。
真剣にサポートしようとされている方ほど、その反動は強い。

お詫びのメールを出したが、許してはくれないだろう。
とても良い方だったのだが、忙しすぎてコンタクトが無かったから、すっかり忘れ去られていると思ってたら、そういうことでは無かったらしい。

1ヶ月近く連絡が無かった間に、自分なりにいろいろなところへ応募していたのだが、そういうのも裏目に出た。

恋人が相手にしてくれていない間、さみしくて遊び歩いてたら、それを理由に突然別れを言われた気分だ。(現実の生活でそういう経験はありません。)

これ以上、他の方との信頼関係を壊すような経験をしたくない。だから、そろそろいくつかのエージェントへ絞って集中したお付き合いに変えよう。

焦りすぎだよっていう警告だったのだ。今日の出来事は。

替え玉を頼むときは注意が必要

前のうちの会社の社長へ帰国の挨拶をしてきた。
さっくり世間話をしながら、突如転職の相談をしたら、私が解雇されていることを知らなかった。
そうです。この方が辞めなければ私は会社に戻れたんですよぉおおおおおお。

残念なことに、この方の部署には私がアプライできる空きポジションはないそうだ。世の中甘くないのね。けれども、
レジュメを送れば、他部署に聞いてくれるって言って頂けたので期待してます。

たまたま昨日連絡をいただいたエージェントさんとちょっと会って、情報システム部ではない仕事のご紹介をしていただいた。書類通るか不安だけど、アプライしてみることにする。その後、

昼に、外人さんの人材エージェントへ行き、久々に英語をしゃべくりまくる。

そんでもって、じゃんがらラーメンをのんびり食ってたら、次の面接時間に5分遅刻した。替え玉頼まなくてよかったよ。時間管理もできなくなってきている。疲れてるんだよね。

面接をしたいただいた、この会社では、社内システムではなくて、システムコンサルの職で面接。事業立ち上げのコアメンバーを探しているらしく、面接っていうよりビジネスに関するディスカッションを行った。ビジネスはとても面白そうだけど、これってどういう物差で採用・不採用決めるのかね。事業部長とのディスカッションでかなり引き込まれているんですけど。

そんでもって、昔から付き合いのある外人のエージェントさんと久々に会って、情報をアップデートしてきた。

卒論書き上げられるのかなぁ。。。。。

22.10.2004

撃沈はつづく

sendmailって多くの企業でも使われてますよね??

昨日、とある世界的な企業の人事面接で、いろいろなスキルについて質問を受けていたら、メールシステムに関する事になった。私のいた組織はsendmail使ってた事があるっていう話になったんだけど、信じられないって顔をされた。企業がフリーのシステムを使うなんて!!だと。

結局、話がかみ合わなく落ちた。しかも、フィードバックによると年齢に比べてスキルが無いと言われた。
なら、レジュメの時点で結論付ければいいのに。

テクニカルな事に関して突っ込んだ質問をする人事面接官がsendmailの利用を受け付けないようならば、誰が満足させるのだろうね。
不思議だ。

模範解答は、Exchange Serverなのかね。

追記
レジュメを見直しながら、このときの面接を思い出すと、自分が過去に担当した仕事に関して随分とはしょって説明していたことに気がついた。
そりゃ、浅いとか言われちゃうわな。しかし、マネージャー職で応募しているから、そんなに細かな話って聞かれたの初めてでしたよ。これからは注意しよう。

21.10.2004

ウィークポイント突っ込まれる

本日最後の面接が日系で、見事に撃沈。

実は、開発経験が少ない。
つまり、比較的、内部でシステムを開発する事の多い日系企業の情報システム部で働いても、英語力も役立たないから全く貢献できない。

開発経験、特にERPやCRMなどの実績がある人材は、IT業界では、とても重宝される。

私みたいな社内情報システム育ちは、ヘルプデスクなどの人に近い仕事が多く、また、私のキャリアの場合はJVならではの海外オフィスとの交渉や、ベンチャーによくある、ともかく何でも業務課題を慌しく処理することをメインにしてきたので、開発をじっくりやるという実績が少なかった。サービス部門として会社の事業を円滑に進めるための部署なのだから、内製で開発する事に生きがいを感じて、会社の期待するスピードへ応えられないなんてことはやってはいけないから、しょーがないんだけど。

もちろん、情報システム部をマネージした経験は、十分にアピールできるが、開発をメインに考えると新卒からたたき上げでSIで開発一本でやってきた人と比べたら、というか比べるまでも無い。

と言うわけで、とある企業の情報システム部長との面接では、この弱点を開始後数分で指摘され、英語も活用できる外資系への応募を勧められるというキャリアカウンセリングのような時を過ごしたのであった。

この企業のニーズにマッチしなかっただけなのだから、そうへこむ必要もないのだが、やっぱ凹むって。
まあ、しょうがない。そういう時もあるさ。

自分を売り歩く行脚はまだまだ続くのである。

撃沈

ニーズに合わず、撃沈。

今度は日本橋

さっきは、SPIとか受けたんだけど。10年ぶりだった!
性格検査って意味あるのかね。
さあ、これから本日のラストを飾る3社目です。
はあ。

つぎはここ

さあ、頑張りますkc320001.jpg

品川にて

一社目終了だ。
疲れた。

ありぃ??

明日の面接のある1社のジョブディスクリプションに、年齢30代半ばから40台後半と書いてあるが・・・・。

条件から見ると、私は相当な若造なのではないか???

APAC全部のマネージメントとか書いてある・・・・・。14カ国あるんすけど。。。。。

むりっぽいな。。。

シンガポール空港へメールを書いてみた

一ヶ月前に、シンガポールで不法入国の中国人として拘束された件に関してクレームを出したところ、
e-mailでフォローのメールが届いた。そこで、返事を書いてみた。

下記のような内容で返信してみた。

頼むから、あんたのデータベースから、おれの履歴を消してね。そうしないと、次回行った時、即効で捕まってしまうもん。おれは、昔から日本人だから、その辺よろしく!

そして、実は、
シンガポールのチャンギ空港のセキュリティは厳重で、レベルがとても高いです。

見た目が中国人だと、どんなに証拠を見せても信用してくれません(中国人が日本人のパスポートを持っていることが疑わしいから)。
そのため、経由便待ちで、空港へ外出することを空港のパンフレットでは推奨しているのにも拘わらず、外出させてくれません。

でも、それって、Discriminationちゃうの??

追記
海外へ行く時は、大使館などの国の出先機関の電話番号を控えて行きくといいと思う。

20.10.2004

TOEIC

そーいや、日曜日にTOEIC受けるんだよねぇ。

何もやってないんだけど。

どーすっかな。

明日は面接日和かなぁ

明日は、なんと3社の面接がある。

全部、ITマネジャーなんだな。
特に1社が、普通に日系の世界的メーカーなんですけど・・・。これまでのキャリアで、このような会社の面接へ行くの初めてなんで、うまくいくかどうか不安だけど自分を素直に出すしかないわな。

台風のせいで、交通機関に滞りが出ると、詰まっているスケジュールに支障がでるからこわい。

お金使いたくないからタクシー乗りたくないし。

担当が辞めちまったエージェントの後任から連絡がきた。まるで引継ぎをしていないかのようなメールで驚いた。
メールには、「なぜ、転職するのですか?」から始まり、「今回弊社に期待する事はなんですか?」だって。
すでに1ヶ月前にやってるじゃん。

「すでに応募している案件を忘れずに取り扱って欲しい。それだけです。」と書こうと思ったけど、もう少しやわらかく書いて返事をした。

2度手間とは、無駄な事を意味します。そして、無駄は何も価値を生まないのだ。

19.10.2004

ビジネスウィーク

アジア版を取る事にしたのだが、今日から届き始めました。

定期購読するとオンラインも無料で使えるので、データ検索などで便利だね。

つんどくしないようにちゃんと読もう。

18.10.2004

面接状況

先週は、3つの面接と1つの筆記試験を受けたのだが、面接は3つともパスしている。
一つはベンチャーで、あとは条件面と私の気持次第。
一つは外資系で次回は社長面接。ここは給与がよいけど、キャリアが横滑りに近いのがネック。
一つは六本木ヒルズに入っているIT系企業。
筆記試験を受けた会社は木曜あたりに結果が分かるらしい。

今週は、4つの面接だ。
一つはベンチャーで、なんと経営企画。キャリアチェンジ的な部門だから難しいかも。
一つは国内系の企業で、ITマネージャーの1次面接だ。
一つは外資系で、職務がこれだけ毛色の違う医療系システムコンサルタント。
最後に、六本木ヒルズのIT企業で2次面接だ。ここがいまの自分にとって本命。

まあ、あとは残りの10以上出している書類がどれだけ通るかだが、どうなるかなぁ。

追記
数えたら、既に30社以上(うち書類落ちが10)に書類を出していた。。。。。
現在、6社で面接が進行中。

親が勝手に見合いするシステム

父が、まだ結婚していない妹の結婚に熱くなっており、過去に結婚紹介所へ勝手に登録→好みも勝手に登録という愉快なことがあった。
希望職種は公務員か銀行員。しかも、親と同居可もしくは近所に住むということ。

もちろん、結果は不発。

これに懲りたのか、最近は親が先に見合いをし子供の紹介をして、気に入ったら本人も交えて見合いをするという極上なサービスに加入して(もちろん独断)、昨日は泣く泣く妹はお見合いをしてきたらしい。

相手のプロフィール
学歴:某旧帝大系理学部
仕事:半導体関係
趣味:なし
スポーツしない見ない、映画見ない、音楽聴かない、買い物行かない、店知らない、好きな食べ物特になし、出かけない、携帯持たない
特徴:30過ぎて母親がいないと女性と喋れない

われらが偉大な父は、「年齢のこともあるし断るのはもったいない」と思っているようだ。
家から出ないヒキコモリでも、学歴や職種によってはOKらしい。

そんな義理の弟欲しくないんですけど。

八方美人でいきます

15社くらいとお会いしたが、会うたびにいろいろな案件が出てくる。

いったい、どことお付き合いすればいいのかさっぱり分からん。

と言うわけで、八方美人作戦で行こう。

でも、エージェントさんには「他社にも会ってます。数社ですが。。」と微妙に正直に言っているから、問題はないよね。

私は、ネットワークを使うとフロッピーを使わずに何て仕事が効率よくできるんだ!って感激してから、この世界へ入りった。情報インフラの整備だけでもずいぶんと企業活動は効率化できるんだ!ってね。
次は、インターネットに感激したけど、企業活動を裏から支える情報誌システムをやったら、そのあとは逆に経営方面へ気持ちが広がって留学したんだ。
外資の社風の方が合うし、異なるバックグラウンド同士がお互いすりあう努力をしながら、尊敬しながら、チームを組んで仕事を成し遂げるってとっても達成感があるんだよねぇ。

ってエージェントさんに言っても、それがマーケットの要求する人物像にぴったりはまるわけも無い。しかも、自分自身、目指す位置へたどり着くには、どのルートをたどれば効率がいいのか、まだはっきりしない。だから、転職活動に四苦八苦しているんだろうな。。。。

まあ、前向きにがんばろう。働かなくても11月までは給料もらえるし、会社都合だからすぐに失業保険もらえるし。

17.10.2004

ひつじ

我が家の羊です。041017_2027001.jpg

今日は、図書館で勉強。

今日は、図書館で勉強してみた。意外と集中できた。

しかし、図書館のエリアは、市の施設が集中しており、そこで今日は市民祭りをしていたので車を駐車場へ入れる事ができなかった。だから、いったん家に帰って自転車でもう一回行ったのであった。

だから、勉強を開始するまでに1時間近くかかってしまったよ。

しかも、今週の火曜日から来週いっぱいまで図書館はメンテナンスのために休館なんだって。
だから、江戸川区か市川市の図書館を開拓しなくちゃならない。

めんどー。

生大砲の1812

自衛隊で、生大砲使った1812を演奏するらしいです。

こちらが、その案内へのリンクです。

時間があったら聞きに行きたかったんだけどねぇ。

残念。

やっぱメジャー路線かねぇ

転職活動中で、なんだか、将来再び転職する事を考えると、やっぱメジャーな会社の方がいいのかねぇ。

私の場合、社内情報システムで職を見つける可能性があるので、同じ仕事をしていても、有名であるか、そうでないかっていうのは、レジュメ上の見栄えが変わるものらしい。それに、人に出会える確立は、そっちの方が高いだろう。

となると、ますます年内に転職先を見つける事は困難になるに違いない。

InternetとEmotional Intelligence(EQ)

ある趣旨を持った会へ参加依頼のメールを送ったら、ずいぶんと暖かさの少ないメールをいただいた。まあ、趣旨に反する方がこれまで多く参加して、まじめな方々を悩ませてきたのか、主催者の方のボランティア精神をがっかりさせるような人が多かったのだろうとは理解できる。

しっかし、営利目的は拒否しますってねぇ。無料を謳っている出会い系が、実は有料でした。「がびょーん」っていうのとは私違うんですけど。。。
会ったことも無い人からone to oneの返信メールで「拒否します」なんて書いてあるメールもらったら凹むよ。悪気が無くても。

日本ではEQと略されるEmotional Intelligenceは、感情面へフォーカスを当てたリーダシップに関する経営用語である。
EQとリーダーシップに関する著書を多数出されているGolemanのある著書の中で、ある部門が閉鎖になった際、やむえず解雇される人の気持ちへ配慮した対応をした役員さんと、そうでない人に対する従業員の反応について書いてあった。前者は、解雇される人々から共感を得、後者は警察が出動する騒ぎとなった。

相手の気持ちへ配慮する事は、ビジネス上とても重要なことで、得られるべきサポートや合意などをすべてを失うこともある。

ネット社会では、顔の見えないメールやメッセンジャーだけの付き合いがあるのだが、だからこそ、その文言には配慮が必要なんじゃないかな。ネットを使って世界中に向かってオープンに参加を呼びかけている以上、会員からみて受け入れたくない人がアプローチをしてくることも当然だ。

そんなに冷たい文面じゃ、活動に貢献しようとしている新規の人も最初から引いてしまう。
どんなにすばらしい人がメールを送ってきたのか分からんけど、私には顔も見たこと無い人へ、あのようなメールは出せない。(わたしは、Self-confidence面が強そうな方に馴染むまでに時間かかるんですよ。ユーモアのある、とっつき易いキャラだといいんですけどねぇ。)

眉間にしわを寄せるよりも、明るく楽しくいきましょうよ!ね、主催者さん!

16.10.2004

寝坊したー

寝坊しました。エージェントさんごめんなさい。

初めて会う予定で、評判も良さそうだったので期待していたんですけど、あなたの電話で起きました。

わざわざ土曜日に時間を設定したのに、失礼な奴です。私は。

あー、なさけない。

15.10.2004

転職エージェントの自慢話

とあるエージェントさんから、希望に合致する案内が来たので会いに行ったところ、
2時間半の間、彼の人脈と実績の自慢話を聞かされた。なんて忍耐強い私。

そして、私の案件は5分も話さなくて、資料だけくれた。

なんじゃそりゃ。

私の2時間半を返してくれ。

エロはもうかるんだよね

ライブドアがちくちく突っ込まれているけど、エロは儲かるんだよね。

うちの会社もエロ問題はあった。確かに。

これに頼らずに、ビジネスが回るようにしていきたいのだが、数字を出すための劇薬としては非常に有効な事は否めません。

でも、理想は、これ無しでビジネスを回せないと多くの内外のステークホルダーの賛同は得られないのもまた事実。

方向性

転職活動で、いくつかの業種へアプライしてきたが、最初は積極的に応募してきたセキュリティコンサルタントというのは、流行ではあるが、自分の好みとは若干ずれがあるように思えてきた。ITコンサル(といってもERPとかの導入はできないけど)で、業務改善の提案などを行う、そのための一環としてのセキュリティならば可能だが。

まだまだ、職種の絞込みが必要だ。

自分をSWOT分析するのを忘れてた。
抜けてる男だ。

前の上司へご挨拶

昨日は、形だけはまだ所属している会社の前前前社長へ挨拶してきた。
現在は、某大手広告検索系サービスの社長さん。

今後のキャリアパスについて相談にのってもらった。
もちろん、この一言も忘れない。
「仕事無いですか??」
しかし、現在は一杯らしい。世の中甘くねぇ。
でも、とってもいい方なので、末永くお付き合いしていきたい方である。

来週は、休職をOKしてくれて、戻ってきたらすでに転職してしまった前社長さんへご挨拶へ行ってくる予定だ。
こちらの方は、現在は某窓系OSを出している世界的な会社の役員さん。
まじで昨日と同じ事聞いてみよう。そこで、空きがあればラッキーだな(きっと無理だけど)。

人と人とのつながりって、とても大事だと思う。
それは、就職っていう具体的な事だけではなく、キャリアパスについて相談に乗ってもらうとか、仕事上の問題が発生した時にアドバイスを請うとかができるからである。

自分がそういった上位の方へ、どのようなお返しをするかっていうことも意識しなくてはいけないので、ただのドラえもんに頼み事をする、のびた君になってはいけないのだが。

また、将来は他人から相談される人間になりたいと思うのであった。それが一種の先輩たちへのお返しにもなろう。
そのためには、多くの経験と実績が必要さ。

こんなかんじ

卒論を書く時間がない!という状況で、精神的に追い詰められている今日この頃。

尊敬できる同僚と、ポジティブな意味でのストレスを感じれる職、あとはそこそこの給料がもらえれば、そんなに業界も職種もこだわらないという非常に曖昧な好みと、企業を経営するポジションになりたいという、これまた曖昧な事を言って、エージェントさんを困らせている。

ということで、情報システムの管理職、事業企画や経営企画、コンサルタントの3つの線で転職活動を行っています。
後者2つは、勉強してきたM○Aのスキルと留学前のスキルを併せて活躍させられると考えてのことだけど、世の中そんなに甘くないので、書類で落ちまくっています。結構、過去に社内業務改善プロジェクトはやってきたんですけどね。レジュメの書き方が悪いのかな?

結局、書類ではねられないのは情報システムだけ。

しかし、情報システムのマネージャー以上の職ってのは、アウトソーシング流行の昨今では、なかなか見つからない!特に、キャリアアップに直結するものは。

現在、1社がよい感触で、よさげな給料で進んでいる。上司になる予定の人もUKで同じ学位を取得している。ただ気がかりなのが、キャリアアップよりも、横滑りに近い環境っぽい。そこが引っかかる。

結局、社内システムの管理職の経験と英語の評価で採用されるのが、一番の近道か。。。
実は、経営の側面を重視した活動をすべきなのかもしれない。
だから、ネット系の情報システムへ職を得て、それから経営企画・事業企画へ異動するというのが、やりたい事への最短ルートかもしれない。

エージェントさんが先に転職しちゃったよ

とあるエージェントさんから、突然、今月末で退職します!ってメールが来ました。

をいをい。

一ヶ月以内に退職するなら、別の人をアサインしてくれればいいのに。

12.10.2004

大手へ相談すること

大手のエージェント経由で企業へ応募した事は自分にとって適当であったのかと思い始めている。
いろいろ、面談でニーズやポテンシャルなどを吸い上げてもらったし、担当の方には不満はないのだが。

データベースによるマッチングで応募者のレジュメと企業の要望内容をつなげる事で、一度での大量アプライを可能にする。ただ、大量にアプライするので、一つ一つの企業へのフォローは少ない。そこが、キャリアの一貫性はありつつも、どちらかというとイレギュラータイプのキャリアを築いてきた私にとって合っていたのか、どうなのか。。。

各々のエージェントの特徴を把握しながらお付き合いすれば効率的な転職活動が実現できるんだよね。

11.10.2004

今できる事と、したいことの狭間で

転職には、いったい何を求めるのか?

給料、仕事、上司、同僚、ブランドといったところか。

応募者のやりたいことと、やれることには差がある。いま職場で実行できている事は、転職のリスクを犯さずとも、実行できている。キャリアの一貫性を持ちつつも、いまはできないけれど身に付けたい経験が転職先にあるから応募するものだと思う。

しかし、採用側は、今現在できる事のみにフォーカスされている気がする。つまり即戦力っていうやつだ。(そういう会社は、新卒採用を控え気味なんだよね)

要求事項に少しくらい足りなくても、他の経験や人柄などで補完したり、やる気で採用する文化を持つ企業へ就職したい。人を育てるっていうことは企業にとって、とても重要な事だから。

将来性っていうのは、そういう面からも計れるんじゃないかな。

プチひきこもり

今日は、一日ひきこもっていた。

卒論を書かなきゃと思いつつ、司馬遼太郎の「太閤記」を手にとってしまう。

カリスマの生き様と言えばそれまでだが、身内が少なかったからこそ、他人とのつながりを重視したのだね。

10.10.2004

試験会場が違うよ・・・

夫婦で、ほぼ同時にネットでTOEICの試験を申し込んだのに、会場が違う。

おととい届いた受験票をさっきまじまじと見たところ、東陽町と早稲田。

って、別々ジャン。

案の定、私が早稲田。

はー、浦安からだと1時間以上時間差があるんですけど。

まあいいや。いい機会だから1年以上ぶりに新宿へでも寄って帰ればいいさ。

ネット申し込みで、家族欄とか作ってください。並んで受けさせろとは言わないが、同じ会場で受験したいなぁ。

ご縁がないらしい

中国人や台湾人からも、しょっちゅう中国語で話しかけられたり、シンガポール空港で密入国者として拘束された実績のある私だが、台湾系のセキュリティ会社には縁がないらしい。

会えば親近感沸くのにねぇ。多分。

09.10.2004

本当に退職条件に合意(かもしれない)

粘っても、得るものは少ないので合意した。
交渉相手の方もトップマネジメントとの狭間で、親身な態度で臨んでくれたと思う。一度は拒否された条件を、再度交渉してなんとか合意に持っていけた。
今後も、どこかでつながりが産まれるかもしれないし、会社を通じて成長できたのだから感謝の気持ちもある。言われっぱなしな訳でもないし、主張もさせていただいたから、この合意は妥当だろう。
一応、留学費用の40%くらいはこれで回収できるので、揉めて減ってしまうよりいいだろうし。

実は、PCをもらおうとしたんだけど、交渉の過程で優先順位の高いものを取るために諦めた。大量にノートPC余っているんだから、くれればいいのにね・・・・。
ちなみに、いま会社から貸与されているPCは、約3年前の機種だけどメモリーは1Gあって、HDDは40Gある。結構、いい機種でしょう。私は気に入っていたんだけどね。まあ、当分は使用できるので、存分に利用させてもらおう。

これで、自分のエネルギーをこれで前向きな方向へ持っていける環境になった。

12月1日から働きだせるように、すべきことをするぞ。

UKで購入したルーターに日本語ファームウェア

UKで購入した、バッファローのブロードバンドルーターへ日本語のファームウェアをあててみた。

英語仕様のインターフェースに日本語仕様のファームウェアをアップグレードしたので、
ちょっと、どっきどきだったけど、無事に入ってくれて日本語仕様のルーターになってくれました。
リスクをおかした理由は、マルチセッションの機能を使いたかったからなんです。

ヨーロッパ仕様のルーターには、その機能が用意されて無かったんだ。
ちなみに機種は、WBR-G54で、バージョンは、2.01(English)→2.20(Japanese)にした。

08.10.2004

エージェントさんとの付き合い方

採用側の会社は、一社の就職エージェントと付き合うだけではないので、転職希望者が複数のエージェントへ相談した際、まったく同じ会社のポジションを提案してくることがある。
大手になればなるほど、採用枠は大きいので重複の案内の確立が高くなる。

すでに応募してしまったポジションを、後から他社が提案してくる場合がある。自分の事を分かってくれればくれるほど、それを断った際、傾向を理解しているから疑問に思うはずだ。だから、断るときは素直に”すでに応募してます”と伝える事にしている。エージェントも転職希望者が複数のエージェントを利用している事は百も承知だから、素直にお付き合いするのがベターな付き合い方だと思う。

気兼ねして、何か理由をつけなくてはと考え例えば”その分野には興味が無い”と言ってしまうと、以降、興味が実はあるのに、その分野のポジションを紹介してもらえなくなるかもしれない。
素直が一番だと思うが、どうだろう。

いい話があとからやってきた

先週、セキュリティコンサルタントの応募をある会社に対して行ったのだが、昨日になって同じ会社でフロントとバックオフィスの中間で調整を行うマネージャー職の案内を他のエージェントから紹介された。

正直言って、後者の方がより魅力的なポジションなのだが、一度応募してしまったものはひっくり返せないので、涙ながらに諦めよう。(これをひっくり返そうとすると関係者へ迷惑を掛けたり、信頼を失くす可能性がある)

複数社のエージェントに頼んでいるから、こういうことになる。せっかくの提案を既に応募したから断らなくてはならないのは、相手の手間を無駄にするばかりか、信頼関係をも壊す危険をはらむ。
でも、各社は、懇意にしている会社が別々だから、どうしても1社だけに頼るというわけにはいかないのだ。
入社してから、別の魅力的なポジションがありましたなんて聞いても後の祭りである。

ともかく、
ゆっくり考えていると応募した直後にクローズしたり、速攻で応募すると同じ会社の他部署の案件が出てくる。まったくもって、就職活動は難しい。

男女間のめぐりあわせみたいだ。
ただし、自分が何もしなければ何も起こらない。

07.10.2004

ディスタンスラーニング用のVPN

学校のホームページに、ディスタンスラーニング用のVPNの設定方法が載っていたので設定してみた。
これで、学校のネットワーク経由で文献にあたれるぜ。

空港カスタマーサービスからメールが来た

シンガポール空港で不法入国の中国人に間違われて1時間以上拘束された事を、お客様アンケートに書いて郵送したんだけど、今日調査のメールが来た。

職員の名前とか憶えていたら教えてくださいって言っているんだけど、残念な事に憶えていない。

別に、空港カウンターの職員にペナルティを期待しているわけではなく、ちゃんと謝罪してもらい、ブラックリストへ登録された情報を削除してもらいたいんだよね。次回、行った時にきっと入国時に履歴に個人情報が残っているから、また拘束されるのは明らかだだもの。

もちろん彼らも、空港サービスを運営するに当たって、何が原因で職務に忠実な職員が、我々に対して疑いの目を持たざるを得なかったのか、システム上の問題点を洗い出したいんだろう。

ターミナル1と2が簡単に行き来できることが問題なんだよね。だから、到着ターミナルと異なるターミナルから入国することができるのだ。システム上可能なのに、それをしようとした我々を疑うというのが、おかしいのだ。
しかし、経由待ち時間の長い空港だから、空港全体を自由に使ってもらいたいのだろう。

セキュリティを取るのか、顧客サービスを取るのか、はっきりさせていただきたいぞ。

ともかく、先週末に郵便を出したのに、次の週にはE-MAILを送ってくるとは。結構、クイックレスポンスで驚いた。
さすが、アジアのハブ空港である。

一年前の調味料とか

結構、一年前の調味料って使えるね。

味覚が気づかないだけで、問題あったりして。

爪が無い・・・

右足の小指の爪が無い事に気がついた。

ぜんぜん痛くないんだけど、ほっときゃ生えてくるのかねぇ。。

Wales 対 England 見てえ

9日に、やるらしいじゃないか。
ウェールズにいたら、さぞ楽しいだろうな!

同じ仕事はねぇ

自分にチャンスがある環境を調査する間もなく、転職活動を始めだしたので、
何がしたいというより、ともかく食い扶持を探す方向になりつつあるわけだが、

人に会うことで段々と分かってくることはある。

今日会ったエージェントさんは、以前と同じような内容の仕事を紹介していただいた。その会社は、グローバルで、名は通っているし、給与もアップする。しかし、これだけは避けたい。
実は、チャレンジな部分が全く何もない。

これでは、キャリアアップではなくて、キャリアスライドである。ただの横滑りでは、人生ちっとも楽しめない。
苦境の無い、Comfortな環境では自らの首を絞めるようなものだ。

永遠に100名規模の情報システム責任者では、この過去の1年が使えないものね。

06.10.2004

くだらない話

アウトソーシングサービスを活用すると、どこまで企業活動をアウトソースできるだろう。

営業
商品開発
エンジニア
サポート
経理
人事
総務
法務
社内IT

ぜ、ぜんぶあるねぇ。

全部、アウトソースして社長含むマネジメントだけでビジネスって回せるかな??


くだらないはなしだ。。。。

明日は、午前中から知人の紹介でエージェントに会うから寝よう。。。。。

社内ITの運命

どーも転職活動をしていて感じるのだが、
社内ITは、思いっきり縮小傾向にあるようだ。

まあ、丸抱えのアウトソーシングサービスが沢山あるのだがら、どの会社も
・人件費を抑えること
・24/7のクウォリティを維持すること
を考えると、社内で持つより外部サービスを利用するのがベターだものね。ある程度の柔軟性を犠牲にしたとしても。

開発は、外部のSIを使う。
運用も、外部のSIを使う。

社内には、ITの責任者とヘルプデスク要員ということになろう。

イノベーションが起きていても、よりユーザーインターフェースがフレンドリーになり、技術的には進化しても見た目にはエンドユーザー的にIT全般がコモディティ化するならば、

将来は、社内ITはすべてアウトソースで、総務部がアウトソースをコントロールするようになるんじゃないのかな。ちょっと大きい会社は経営企画が舵取りをする。
そして、経理システムは経理部、販売管理は営業部、顧客管理は、経理かカスタマーサポート部って言う具合に、現場が直接コントロールするのだ。
そして、セキュリティは、監査系か法務部がポリシーを担当する。
ヘルプデスクだってアウトソーシングだ。

だから、ネガティブに考えると、社内IT系のキャリアパスは、消えて無くなる可能性もある。すべてSIなどのサービス会社へ吸収されるのだ。

05.10.2004

もう、壺しかないか?

絶対、今の運気って最悪だと思う。
ここ半月以上、悪い事ばかり起こる。

人生の節目を迎えているからなんだろうけど、ちょっとそれにしてもいまいちだ。

”つぼ”とかには頼りたくないなあ。

アンハッピーな私の会社

退職条件の合意内容の変更を求めてきた。

信頼関係を作れない意思決定能力に欠けるマネジメントなのか?
わざとなのか?
感情的なのか?

評判を落とすだけなのに。
人使いの悪い会社っていう評判が立っちゃうと、いい人材が確保できなくなってしまうのに。。。。

ここまで来たら、上場なんて止めちゃえばいいのに。
まだ手元に残っているお金を株主へ返還する事が、最も株主利益へ貢献する事だと思いますよ。

株主を幸せにするために、社員を不幸にすることを選んだのだから。

みんなハッピーになれればいいのにね。

ほんとね、揉めたくないんです。

退職の条件を合意してみた

あれこれ言ってみたが、若干の譲歩とPCをもらえるようにお願いした上で、会社都合による退職に合意した。思う壺と言う話もあるのだけれど、給与大幅カットを全社的に実行している様子を見せつけられては大きな事は言えない。

皮肉なものだ。
マネジメントスキルを学んだ者が、言う立場ではなくて、言われる立場を帰国後速攻で味あうなんて。

選択肢を選ばなくてはならないとき、すべての関係者を満足させられる判断が下せるときは稀だ。
一方において正しくても、他方では正しくない。また、逆もある。

特にミドルマネジメントクラスは、このジレンマに悩まされることが多いはずだ。
例えば、企業の立場から判断を下すべきか?
道徳的な、自分の生き方にあわすべきか?

どういう判断をするかによって、部下や周りの評価や、今後のキャリアも変化するのだから、ジレンマを乗り越えるのはとても重要なことだ。それが実績の一部を形成していく。

私は、相手の悩みが分かるだけに、潔すぎたのかもしれない。だが、
交渉には、粘ることも大事だが、強気に押すだけ出なくて、状況から判断して相手の意思も受け入れることも考慮すべきだろう。

そして、
私が持つエネルギーは無限ではないので、未来へのベクトルへ使いたいのだ。

04.10.2004

楽しいことと、いい意味でのストレス

ストレスの無い生活は無意味なものである。
障害物の無い、チャレンジなんてツマラナイ。

そして、仕事は楽しいほうがいい。(同じ漢字でも、”楽”である必要は全く無い)

その状況が、どのような環境で出合えるのか分からない。
人脈もさほど無いので、多くのエージェントと会って機会を増やそうとしているんだが、ちょっと疲れちゃったようだ。

帰国した翌日から、3社も訪問すりゃ疲れるって。

もう少し、ペースを落とすべきか?

いや、私は正直悔しい。そして、負けず嫌いの血が騒ぐ。だからまだまだ続ける。

働き出すための大事な助走だから。

今日は、前の上司へご挨拶

今日のお昼は、大学院へ進むにあたって推薦状を書いていただいた以前の上司へ帰国のご挨拶へ伺った。
大手町にある、とある企業でファイナンス部門の責任者を現在は担当されている方なのだ。

やはり人生の先輩に話を伺うことは勉強になることが多い。
特に、管理部門の責任者も以前は担当されていたから採用に関しても経験がある訳で、そのアドバイスには非常に現実味があるのだ。

キーポイントとその優先順位を決めて、取捨選択をしなさいってことであった。
できうる限り、orではなくて、andでいきたいが、どこかで前者の判断も必要なんだよね。

気持ちの切り替え

転職活動と生活に慣れることだけで疲れてしまい、勉強ができません。

気持ちの切り替え方を変えないと、すべてが中途半端になってしまいそうだ。

ということで、机の上から、勉強以外の要素を排除してみることにする。

勉強中はネットも禁止だな。メールが来たら気になっちゃうから集中できない。

あとは、風呂入って、頭を空っぽにして気持ちを切り替えてみよう。

そういやコンビニ

帰国して、一週間が経つけど未だコンビニ弁当&おにぎり買ってないなぁ。
ウェールズ在住の時は、ほとんどの期間、それが無い生活があたりまえだったから、自分の生活の中で重要さを失っていた事に気が付いたよ。

ウェールズでも最後の数ヶ月はSPAの24時間営業のお店が近所にあったけど、丘の上での10ヶ月以上コンビニが無い寮生活を経て町の寮へ移ったので、あまり頻繁には利用しなかったな。

明日あたり昼飯はコンビニにしてみるか。

03.10.2004

留学中、家財をどうするか

留学中の家財をどうするかについて、実家を出ている留学生は悩むはずである。
特に、既婚の方は2名分以上の家財があるので、お気軽に実家に預けるというのも難しい場合もある。

私は、実はマンションを1年間借りっぱなしにしていた。
これについては、留学中に書いてしまうと泥棒がうちに侵入してしまうかもしれないと思って書けなかったネタである。

米国と違ってUKの大学院は1年なので、12ヶ月の不在で済む。

通常、家を借りるときは敷金・礼金・数か月分の家賃前払いというのが標準である。ということは、留学中仮に、倉庫などへ家財を預けておくと、その12ヶ月分の保管料、倉庫への引越し分、倉庫から引越し分に、家を借りるときの費用が発生する。
そうすると結局、一年間ほったらかしで借りている時とさして変わらない出費になるのだ。

ということで私は賃貸マンションを借りっぱなしにしていた。
それに、家具も傷まない。
インターネットバンキングがあるので、UKから家賃の支払いができるのも助かった。

だから、私は戻ってきたその日から、そこそこ以前と変わらぬ生活がスタートできた。

でも、本当は、換気や掃除などを日本にいる家族がやっておいてくれたので、すんなりと生活をスタート出来たのですけれども。

家族の協力無くして留学の成功はありえません。
ありがとう。

ほこりまみれな一日

日本の自宅へ送ったUKで購入した書籍などが全部届いた。

一部は、船便で送ったつもりが2週間で届いているという摩訶不思議な状態なんだが、これはいったいなぜ??
支払った料金は間違いなく、Printed material用の割引料金であり、これは船便サービスなのである。UKから日本まで船が2週間で到着するはずもないので、やっぱ空輸だよな。。。なぜだろう。

残りは、日通のサービスを利用して昨日届いた。税関で書類に判をもらったのにもかかわらず、成田で日通の窓口に提出することを忘れていたため、日通から催促の電話をもらって気がついた。こちらは空輸である。

そして、本日ダンボールからUKで購入した教科書などを整理した。
ついでに押入れに眠る大量のマンガ達も引っ張り出して、「いるもの」と「いらないもの」に分けた。やるときは、いっせいにやるのが妻の生き方だそうで・・・・。

ドミニオン、カールビンソン、うめももさくら、アウトランダーズ、エルフ17、県立地球防衛軍、etc、、、、、、、
わんさかと出てきた。「信長」という、著作権の問題で途中から発刊が停止しているレアものまで出てきた。

いくらで売れるか分からないけど、古本屋に出してみる予定です。

ホコリアレルギーで鼻炎な私は、くしゃみが止まらずに辛い一日でした。
だから、今は家の中なのにマスクマン。

01.10.2004

下10%切る理論

そういや、

下10%を常に切ると組織が良くなるということを聞いた事があるが、これはこれで分からんでもない。それは、一定のルールがあるからね。

と、忘備録的に今日は書いてみる。

これについては、また後日考えてみよう。

目と歯

昔いた会社について、その辞めさせられ際に受けた対応があまりに酷いのでここに記録として残しておく。

彼らのやり方。
突然、留学先から帰国寸前のスケジュール調整がきかないタイミングで、電話で現地時間の夜間に解雇通告する。
予告も無く、まだ社員なのにメールを受信できなくさせる。
要領の得ない派遣社員に、退職手続きの対応をさせる。、
いったん約束した退職に関する条件を反故にする。

これが、4年近く自分のキャリアを築いてきた会社かと思うと情けない。
また、こういうことを40歳を超えたキャリアの豊富なマネジメントが行っていることが気の毒だ。
親会社からして、ネット上でブラック企業として名高いのだからしょうがないのか。

ハンムラビ法典の説く言葉や、因果応報という言葉はきっと現実に起こらなければ、世の中随分不公平じゃないか。

すしすしすしすしすし

お寿司屋さんへつれってってもらいました。
現在、以前の上司はネット系企業の立ち上げを行っているそうで、面接時の話とか聞かせていただきました。
いろいろアドバイスをいただきました。
ありがとうございました。

いま帰宅して、あらためて思います、
やっぱ企業は人ですよ。
そして、企業文化は人によって作られ、それが長期的な発展を支えるチームワークやスピードや商品開発能力や品質へ結びつくのです。

« September 2004 | Main | November 2004 »