« どっちが本当なの? | Main | そろそろゴール »

05.12.2004

去るもの、来るもの

IBMがコンシューマ向けPC事業から撤退し、
ゲートウェイ(モーモー)が日本に帰ってくる。

偶然にしては良くできた話であるが、ともかくそういうことなんでしょう。

IBMの商品は、ユーザの評価も高く、価格さえもう少し下がれば、もっとシェアを伸ばせるはずだ。
コンシューマ向けPC市場では、高品質などによって金額が高くなる差別化よりも、低価格による差別化が購入決定の判断基準だ。
低価格で市場を優位に進めているデルなどと勝負するには、販売価格を下げるためにIBMは例えばクウォリティや価格そのものを下げる必要があろう。

しかし、それはIBMとしては旨みが少ない。クウォリティや利益率ってのはIBMにとってシェアや売り上げより重要であり、だったら高収益な企業向けビジネスに、そのリソースを費やしたほうが良いよねって判断したんだね。

モーモーさんは、ネガティブなイメージを払拭することが急務ですよね。
撤退していたときも、サポート部隊は活躍していたらしいから、この部分の付加価値で売っていくんですね。きっと。

サポート体制は、とても消費者にとって、重要な部分だから、IBM製のPC:X40を最近買ったばかりの身としては、しっかりと維持していただきたいと思うのであった。

« どっちが本当なの? | Main | そろそろゴール »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 去るもの、来るもの:

« どっちが本当なの? | Main | そろそろゴール »