« July 2005 | Main | September 2005 »

August 2005

31.08.2005

ひまひまひま

今日も、ヒマ。
同じ上司に仕える秘書もヒマそうだ。

30歳後半のいい大人が二人もヒマしているオフィスってなんじゃらほい。

うちのボスの年収が数千万円だとして、彼のスケジュール管理面とビジネス面をサポートするわれら二人は、現在、社内ニート中だ。

彼の年収+下っ端2人の年収=会社が彼に支払う本当の人件費

そんなに、彼は会社に貢献しているとは思えない。

でも、これが大人の世界ってものなんだね。

価値観

自分の価値観と相手の価値観が違う場合、どうしますか?

自分の職務を全うするのに必要ならば、すりあわせを行い合意を得る努力を行う。

だが、なぜか世の中には、自分の価値が正しいことを前提に話を進める人がいる。相手のバックグラウンド無視して。

私は、相手の背景を無視し、そして命令的な、いいかえるなら会話のキャッチボールを拒否したようなアプローチを嫌悪する。

たいていの場合、こんな状況を嫌悪してしばしば回避してきたが、ほんとうは良くない。
逃げてばかりでは、相手との距離は永遠に埋まらず、お互いの間にネガティブな空気が充満していくばかりだからだ。

相手と正面向かって、お互いが受け入れられるような、よりポジティブな結果を求めなくては人間的な成長は望めない。

といっても、これはなかなか難しいのだが。

ほぼ社内ニート

人生ポジティブに生きているつもりなんだが、なぜか状況がついてこない。

人間関係も、常識的な範囲で普通に構築できるくらいの能力はあると思う。

だけど、

せっかく、留学し学位を取得して、新たな気持ちで入社した外資系で新規事業担当になったのだが、どうもよくない。

状況を見る目が無かったといばそれまでだが、いまの状況はキャリアディベロップというより、ニート的な状態だ。

自ら積極的に働かない人を社内ニートというのだろうけど、現在わたしがやっている状況は似たようなもんだな。

再び、精神のネガティブスパイラル突入だよ・・・・。

23.08.2005

そういえばLindows

ライブドアって、こっそりLindowsの取り扱いをやめるんですよね。

びっくり。

OSって、そんなんで良いのかね??

その他

今日はヒマなので、同僚の仕事を手伝っている。

1、広告用のコピー文作成。200字でまとめてくれってことなので、まとめてみた。

2、Windows2000Serverのインストール
Power Edgeがなかなかディスクを認識してくれずに時間がかかったが、なんとかインストールできた。

ヒマじゃあ、脳みそが弛緩しちゃうよ。まったく。

ひまだ

会社に来たけど、やることがない。

仕事があるときは、仕事の目的を教えずに作業だけ命令される。

子飼いの舎弟だけ楽しそうに仕事している。

普通、こんな状況じゃ鬱になるって。

いくら給料もらっていても楽しくないぞ。

22.08.2005

小田原評定に飽きたぜ

資料を上司に提出後、午前中にて暇になる。カントリーマネージャと話をするらしい。

ビジネスプランを作っといてなんだが、自分の地位を失わないように、トロトロやっている上司じゃ何も立ち上がらない。

もう、無理だ。
大体、多くのメーカーの製品がコモディティ化しだしている。おいしいマーケットから、価格勝負へ移行しだしているのだ。。。。

このビジネス、会社の次世代を担う分野と皆は期待しているが、出航前に船着場に永遠に係留されたまま引退船になるんじゃなかろうか・・・・。

大体、まだ日本には、マーケティング部門しかない。本国の製品をどのように日本へ持ってくるかも決まってない。

おれは、いままで何をやってきたのだろうか?????

上司の秘書・・・・・・。
事業のためではなく、上司が社内でかっこつけるための資料作成係。。。。

やはり、うちの上司、定年退職まで永遠と考えるふりだけするのだろうか・・・。

それでも、私はあと数ヶ月はこの会社にいなければ、ジョブホッパーと思われてしまう。嗚呼。。

21.08.2005

3日も継続

金曜日。

なぜか、土曜の朝まで銀座で飲む。

土曜日。
すごく気持ち悪い。
よる、高校時代のブラスの友達の家へ行く。もちろん飲む。が、しかし、気持ち悪いので少量にとどめておく。
別の友人が持ってきた岩手土産のわかめうどんがおいしかった。

日曜日。
まだ、気持ち悪い。
ウイイイレ9をしこしこやっていたり、ケーブルテレビで魔人ブウを見ているうちに夜になる。
んで、月曜日の午前中に上司に提出しなければならないプレゼン資料の存在を思い出し、あわてて開くも資料作成のためのエクセルのデータが手元にないことに気がつき、プレゼンのストーリーを決め寝る。

14.08.2005

選曲会議とか

所属するアマチュアオーケストラの次々回のコンサートの選曲会議。つまり、来年の7月の演奏会である。

うちの団体は、選曲委員会で3つか4つのコンサートプログラム案を作り、団員投票にかけて決定する。事前に、どの選択肢が選ばれても大丈夫なように指揮者に確認もしとく。

今回は、

ローマ3部作
シューマン2番+バルトークのオーケストラのための協奏曲
コリオラン+死と変容+田園

の3つの案で決着した。

エルガーやブリテンなどのUKものは挙がるんだけど、いつもどおりあまり賛同を得られなかった。やっぱみんなオーストリア・ドイツ系が好きなんだよなあ。

私は、高校時代から好きなローマ3部作を推してみたい。

ローマの祭りと松はにているから飽きるという意見もあったのだが、祭りのフィナーレはアッチェルランド系だし、松は悠然と演奏する行進曲風だし、そんなに似てないと思うのだが、どうだろう。

そういえば、設立間もない頃は、みなやりたい曲が個々人にあって、選曲委員も火花散る会議だったのだが、10年もやっているとある程度やりたいと思う曲を演奏してしまっているので、そんなにもめない。

大学オーケストラ時代、どんなに大曲を演奏したくても、所属する団体の規模が50名だったので、マーラーやブルックナーなどの作曲家とは無縁であった。100人を超える他大学を羨ましく思ったものだ。
そのため、ジュネスに出ない限りかなわぬ夢であったものだ。

02.08.2005

再びPromsネタ。

先月の29日のPromsの録音をネットで聞いていて思ったのだが、

Tchaikovsky
The Snow Maiden - incidental music, Op.12 (excerpts) (15 mins)
Introduction; Act 2 - Melodrama
Act 3 - Dance of the tumblers

は、なかなか良い曲ですな。

もし、うちのオケで次回チャイコフスキーを演奏するなら、あまり普段取り上げられてない曲を紹介する選曲をしたほうが面白いかも。

面談が2件

今日は、会社を休んだ。

二つの用事が今日の午前と午後に入ってしまい、それぞれが別の日に入ったら休まないでいようと考えていたら重なってしまったので思い切って休んだ。

午前の部:ネット系企業の面接
90年代後半からニッチだけど、その分野でマーケットをリードしてきた会社。
マーケティング部長と面談。
プロフィールなどの説明をしたら、いまの会社にもう少し(1年から2年)は所属すべきだと説得された。
先だって書いた、ジョブホッパーとMBAの話の続きみたいだが、いま辞めるのは中途半端になるだけだと。

最初は、やんわりお断りの方向かなと思ったけど、そうではなくて本気で説得してくれてる。
いい人だ。

今後は適度に連絡を取り合おうということで、1年くらいしたらマーケティングマネージャーで、うち来なさいと言われて面接終了。まあ、リップサービスも込みだから、100%本気で受け取ってはいけない。ただ、もしそうなら、今の会社で私はいろいろな経験を自ら積み他社からも評価されるような人材にならなくてはならない。

というか、そういう実績を作れるかどうかが、ジョブホッパーになってしまうか、そうでないかの分かれ道なんだが。(ただ、今の会社は、一般的な範囲の酷さを超えている気がしてならない。これを我慢すべきなのか、そうでないのか・・・・。判断が難しい。)

面接と言うよりキャリアカウンセリングであった。

人脈とはいろいろな場所で広がるものだ。

午後の部:
病院。
夫婦でカウンセラーとお話。いろいろな仕事をする人がいるんだなーと感心した。

今日は会社を急に休んでしまったが、有給をちっとも消化してなかったし、良しとしよう。

オケ好きになったきっかけの曲

プロムスで演奏した録音をオンデマンドで聞いていたのだが、7月30日のProms21で演奏されたローマの松を聞いていて、そういえばこの曲を高校生のときに聴いて、大学に入ったらオーケストラやろうと決めたことを思い出した。

そのときのディスクは、ムーティ、フィラデルフィア管だった。すっごくきらきらしていて派手な演奏だった。
高校生のとき後日、FMでエアチェックしていたら上記の組合せのローマ3部作のライブ録音が放送されて聞いたのだが、アッピア街道のエンディング、生なのにディスク並みにゆっくり演奏して、どうすんのかなと思ったら、金管が堂々と息を吸っていたのには驚いた。
へなちょこな音量で演奏するくらいなら、息吸って、良い音で演奏すべきなのですな。

しかし、いまだこのときの夢は果たせていない。ローマ3部作とは未だ縁がないのだ。(涙)

もっちろん、Promsの演奏もすばらしく良かったです。
こういう聞いていて気持ち良い曲は、コンサートホールでライブで聴くのが最高でしょう。

01.08.2005

ジョブホッパー

MBAとジョブホッパーこの単語を掛け合わせると、いろんなサイトが出現してきます。

頭でっかちになるから、希望通りの以外の仕事をいやがるとか、泥臭いことを嫌がるとか、

いやなことがあるとすぐ現実逃避して職を変えてしまうとか、

相対的な価値観で職を決めてしまうとか、

ズキ、ズキっとくる言葉のオンパレード。

絶対的な価値観を持っていくことがよろしいとも書いてある。

そうだとしても、現状に不満があるのだから我慢は体によくないし、時間の無駄のような気がするがどうだろう。
大体、いまの会社を探したときって、不条理な境遇に遭ったわけで、冷静さを失っていたのだ。

次を探すときは、前回と違って職の不安無く探せるから、いまの会社のような間違えは犯さないよう丁寧に選ぶのだ。

健康状態など

以前、MRIについて書いたんだけど、会社の近所の大規模な病院で再度脳みそと頚椎を撮影してみた。(実は、うちの会社ってMRIを製造・販売しているんだけど、私はITビジネスのマーケティンググループなのであまり分からない)

でも、問題なかった。。。。

医者いわく、ストレスが原因であろうと。

確かに、インターネット業界へ復活しようと心に決めてからは、ストレスが無くなったので、確かにしびれは減ってきている。

ということで、健康状態は改善の方向へ向かっている。

普通から見て随分と風変わりな組織とはいえ、それを拒否するストレスに弱い自分がいるわけで、もうすこし打たれ強くなる必要はあるだろうな。

« July 2005 | Main | September 2005 »