« August 2005 | Main | October 2005 »

September 2005

26.09.2005

インターネットと医療

ご存知だろうか。

病院では、電子カルテの導入が進み、また、これまでフィルムで見ていたX線やCT/MRIなどの画像も電子化され、多くの情報がPCで見られるようになってきていることを。

そして、いま日本のいくつかの地域では、病院と地域の診療所をVPNで結び情報共有を行っているのだ。これはADSLなどの安定性はともかく廉価で大量のデータを送受信できる環境が整ったことに負う。
それにより、地域の大病院に蓄積された過去のデータを参照しながら近所のクリニックで最初のチェックなどを行える。病院で長い時間待つ必要はない。
また、ネットを経由して、自宅で自分のや家族の電子カルテを見たりすることもできる。

たぶん、近い将来、我々の健康状態を家庭用医療機器が毎日測定して、そのデータを病院へ送信し、過去のデータと付け合せながら異常が無いかチェックし、異常があれば、病院や近所のクリニックのドクターが情報を確認し、問題があれば本人へ診察へ来るように連絡が行われる、そんな時代がくるのだろう。

たぶん、ホームユーザーはヘルスケアチェック専用のポータルサイトを各人が持って、病院のデータベースをもとにしたドクターとのコミュニケーションをとるようになるだろう。

予防、健康といった切り口は、医療のIT化によりますます我々の生活と密接になっていくのだ。

25.09.2005

だらだら3連休

金曜日は、ビッグサイトで行われいるオーガニック関係の展示会へ行き、その後ビーナスフォートで買い物して、地元浦安のイクスピアリで夕飯食べた。

土曜日は、夕方までだらだら過ごし、夜は友人が泊まりを兼ねて飲みに来た。

日曜日は、友人が夜まで家にいて、ウイイレ9やったり、テレビ見たりしてた。
夜まで友人は滞在していたのだが、そこへ近所に住む留学時代の別の友人が遊びに来て、4人でお好み焼きを食べた。その後、FFⅦのDVDを見て、その日のイベントは終了となった。

だらしの無い後半二日間であった。

24.09.2005

そして、終了

浜松から、東京へ帰る途中、熱海で下車した。

同行しているアメリカ人が温泉に入りたいって言うので、熱海の日航亭へ寄ってみた。
なんでも、歴史のある温泉だそうで、彼女もガイドに掲載されている典型的な露天風呂の風情に満足した様子だった。

その後、東京へ戻り、ホテルでチェックインした後、オフィスへ。

うちの上司の部屋で2時間程度、日本のマーケットについてのディスカッションを行う。

アメリカのマーケットで長年経験ある人なので、多種多様な質問攻めに、いつもは私などへ無茶難題を吹っかける上司もしどろもどろといった体であった。

夜は、上司が彼女を歓待したいということで、品川のとあるホテル内にある中華料理レストランで、贅沢に飯を食った。

そして、ディナーも無事終了し、ホテルへ送り届けた。

これで、彼女へのサポートは終了である。

あとは、彼女の京都一泊旅行が無事終了し、そのあとは成田へ自力でたどり着き、問題なくUSへ日曜日に帰国できることを祈るばかりである。

21.09.2005

やっと最終日

浜松の夜も今日が最後。

明日は、東京へ戻ります。

HQから来たうちの同僚は、旅程を確定させたあとも、やっぱり東京にすぐ帰るとか、もう一泊浜松にいるとか、京都へ一泊旅行したいとか、私は何度も何度もそのたびにホテルへ電話して予約のし直しをした。

彼女自身は、very flexible tripなーんて言って笑っていたけど、結構サポート大変だぞ。おい。
私の今回の目的は、HQから来た彼女を満足させることだから、しゃーない。

こうなったらヤケなので、明日は東京へ戻る前に熱海でと下りて、温泉へ連れて行くことにした。1時間くらいの寄り道で温泉へ行きたがっていた同僚へ日本の温泉を満喫させられるなら安いものだ。

んでもって、明日の午後は、日本とUSのマーケットについてディスカッションをするのだ。

現在、浜松で開催されているとある業界の国際会議にHQから来たアメリカ人がスピーカーとしてきていて、そのサポートしている。

USから来た彼女は、米国の業界団体の議長を担当しているので、顔が広い! 俺なんか横に居てニコニコうなずいているだけだよ。グローバルな視点で言葉を発っすることが出来ないから。

他のスピーカーたちも、EU各国の官僚とか、有名大学の先生とか、あまりにも先端的な会議内容で驚いた。(UKはポーツマス大の人が来てたな)

ところで、日本の業界団体の代表もスピーチをするのだが、英語のスピーチが上手くないのはネイティブじゃないからどうしようもない。だけど、プレゼンテーションスキルそのものが他国と比べるとなんだか下手である。台湾や韓国の代表者はプレゼンそのものはとても上手である。

英語のスキルはいかんともしがたい部分はあるが、プレゼンスキルに関しては、もっと欧米人並みにできるような努力をするべきではないだろうかと思うのであった。(自分を棚に上げてます)

20.09.2005

英語で一日中講演を聞くの日

今日は、朝8時から夕方6時までカンファレンスで、もちろん英語なわけで、昼の3時くらいで脳みそが英語を受け付けなくなって、それ以降は我慢の時間であった。
留学してた時代だって、一日中授業がある日って少なかったのに、いきなりで英語漬け生活じゃ、リハビリなしで全力疾走みたいでつらいっす。肉離れ起こすぞ。

カンファレンスは、一人のスピーカーが大体20分から30分くらい入れ替わり立ち代りしゃべるので、相当数のスピーカーのプレゼンを聞くことになる。
こうなると、誰が何を話したというよりは、共通するテーマは何で、もっとも大事なことは何だろうということだけが私の記憶に残っただけである。(それでいいという話もあるけど)

まあ、Interoperabilityによって、より我々の産業は成長するわけである。独自仕様でシステム構築してもダメなのだ。それでは、裾野は広がらんからね。

夕食は、USから来た同僚を連れて彼女が宿泊するホテルの鉄板焼きレストランで日本食を堪能してもらった。疲れてるっぽいから、外へ連れ出すのは悪いかなって思ったのだ。
家族の話やら、マーケティングの話やら、今日のプレゼンたーの評価やら、いろいろなことをざっくばらんに話してみた。
合間に、出てくる食材について質問されるんだけど、半分くらい英単語が出てこなくて申し訳なかった。
さかなの”はた”とか、”しば漬け”なんて英単語しりません・・・・。

明日は、昼間は彼女を連れて浜松観光して、夕方に地元の病院見学をするので、さほど疲れないと思う。
まずは、浜松城だな。

19.09.2005

浜松で、後輩といきなり遭遇!

昼に浜松について、駅前を歩いていたら、高校の後輩で、プロオーケストラ指揮者のSにいきなり遭遇した。

私を凝視するデブい大男が居たので、なんじゃらほいって凝視したらSであった。

なんとも不思議な話で、USから来た同僚に彼を紹介して、Sには同僚を紹介した。

地元の八王子とか、都内の職場近辺ならいざしらず、浜松で出会うなんて、すごい偶然だ。

彼は、昨日浜松近辺で本番の公演があって、これから大阪で仕事ということであった。

忙しいことはなりよりだ。

いづれ、うちのオーケストラも振ってもらいたいなあ。

たいしたもんだ

というわけで、浜松である。

USから来たわが社の同僚は、わが社がUSのマーケットにおいてリーディンポジションを得ているにふさわしいスピーチを行った。

世界中から来た会議の参加者たちは、さまざまな質問を彼女へ投げかけていた。

行きの新幹線の中で、USと日本のマーケットについて自社のポジショニングなどについて簡単に口頭でレビューを行ったが、どっちも意識している方向は同じで、抱えている問題も似ていた。

つまり、日本のマーケティングチームも手探りながら方向は合っていると言って良いのだろう。

戦略的なアライアンスパートナーの切り口だけは異なるが、こういった分野になると、グローバルカンパニーらしい日本オフィスの視点を超えた会話が出来るので、なかなか面白い。

正直、日本法人が、マーケットインするには遅すぎたと感じていたのだが、グローバル部分も含めたチーム編成によっては、まだ将来へ向けた橋頭堡を築くくらいは可能かもしれないと思うのである。

18.09.2005

出張

明日から、水曜日まで、来日したアメリカ人を連れて浜松にいくのだ。

世界中の業界企業が集まって会議がある。

うなぎや、すしを食わしてあげよう。

これから、ネットで名店を探してみようっと。

ロッテ対西武

ともかく暑かった。

今日の、幕張で行われたロッテ対西武は、結構な客入りであった。

結果がついてくるとファンも自然と球場へ足を運ぶものなのである。ポジティブなスパイラルだな。

が、そんなことよりデイゲームは暑い。

暑すぎる。

しかも、試合はしょぼしょぼだし。

8対3でホームのロッテが負けるのはいかがなものだろうか?

9回裏に、ホームラン3本で3点を取り返したことは、明日へつながるから、ま、いいか。(まるでロッテの熱烈ファンみたいな書き方をしてしまった・・・・)

17.09.2005

お迎え

えー今日は、USのHQから来る会社の人を迎えに成田へいってみた。

というか、上司から、土曜日は用事あっても成田へ迎えに行けという指令があったから行ったのだが。

4時20分到着なのに、5時になっても現れないよー。

1時間くらい、名前の書いた紙を出口に向けてかざしているが、いっこうに現れてくれない。

ということで、呼び出しを頼んでみた。

が、現れない。

と思って落胆していたら、目の前にいた。

到着してから混雑していて、出てくるまでにすっごく時間かかったらしい。

そっからは、予約しておいたホテルのある品川までバスで一緒に移動して、チェックインした。

自宅から成田空港までが1時間半+待ち時間1時間半+バス移動時間1時間半+品川から自宅まで1時間=5時間半が、移動時間も含めた今日の業務時間であった。

なんだか、むなしい。

確かに、初めて来日する人をサポートするということは重要だが、リムジンバスくらい行き先のホテルを事前に教えといたのだから、大人だったらたどり着けるよ。普通。。。。。まあ、そういった本国人へ対するhospitalityがわが上司(暴君)が大出世した理由の一つなのだろう。

だか、上司のhospitalityを満たすために私の予定は失われてもいいのだろうか??
新日本フィルのマーラー2番の音楽的な経験とそのチケット代5,500円をどうやって取り返せばいいのだろう・・・。

16.09.2005

ネットベンチャーからのオファー

ある方の紹介で、ネット系ベンチャーの面接へ先週いったのだが、今日、オファーが出た。

今日は、2度目の面接で、再び社長さんとであった。

経営企画でアプライしたのだが、社長さんは技術部門で来て欲しいとおっしゃる。(2年間ほど、既に技術系は休業中なんですが・・・・。)

ただし、期待される役割を確認すると、私のやりたいことと合う。

役割としては技術者というよりは、マーケティングである。

ネット広告は成長軌道に入っており、今度マーケットサイズは拡大していくだろう。当分は劇的に。

私は、やはりこの世界で勝負したい。
たぶん、いまのメディカル業界におけるIT化の経験も、将来的な事業展開には活きると思う。

今のぬるま湯巨大企業を捨てて、ベンチャーへ身を投じるのはリスキーだろうか??
いまの会社じゃ、権限を委譲されて仕事はできない。
いや、それとも、やっぱ、現実逃避なのかなあ。

15.09.2005

間違って上書きしちゃったよ

うちの暴君様の腰ぎんちゃくで、他人を客観的に評価するだけで自分は何もしないのに自信満々で、他人を見下す態度とっている人間から、怒るよりもあきれてしまうような失礼なことを言われて気にしないようにしていたんだけど、時間がたつにつれてむかついてきて、そいつの悪口を大声で言っていたら、

2時間の力作を間違って上書きしてしまった。その時点で夜9時。。。。。

さようなら、新規事業を書いたロードマップ。僕のエクセルファイル。

やっぱ、他人の悪口はいかんということですな。

反省。

精神が病んできています。

ボトムアップの本読んでる・・・

うちの常務様

常に、暴君としてトップダウンを信条としているのだが、机の上に驚きの本を発見!

野中氏の「イノベーションの本質」を読んでる!!!???

以前、うちの常務様、皆を集めて「ボトムアップは認めない。うちは、トップダウンだ!」と宣言されました。

野中氏の意見と真っ向からぶつかるじゃん。

感想を聞いてみたいなあ。

つうか、ボトムアップを認めないって、よく言えるよな。

開いた口がふさがりません

上司から、こういわれた。

今度の土曜日、アメリカから一人出張で来るから成田へ迎えに行け。

っつうか、マーラー2番のコンサート行く予定でチケット購入済みなんですけど・・・・。(口に出して言えず、”むっ”とした表情をしてみた)

上司いわく、いつも仕事してねえんだから、休みの日くらい仕事しろ!

俺も、土日仕事してるんだからな!

って、あんた、常務様じゃん。平社員とは別物だよ。

もはや、理解不能。

私は、この常務様へ仕えるためにわざわざイギリスまで行ってMBAとってきたのでしょうか?

転職について本気で、悩んでます。

これって、現実逃避でしょうか????

12.09.2005

ジェフ観戦

この日は、ジェフの試合を夜行ってきた。
夕方から、雷つきの土砂降りで、どうなることやらと思ったが、さほど酷くはなかった。

試合は、ジェフの林の値千金のゴールで薄氷の勝利って感じであったが、勝利という事実には変わりはない。

すばらしいことだ。

応援で声を出すことで、なんだかすっきりできた日であった。

09.09.2005

髪をむしっている!

やばい。

気がついたら髪をむしっていた。

ストレスがたまると、気がつかないうちに髪の毛をむしりだしちゃうんだよね。

ただでさえ、てっぺんが薄くなりだしているから気を付けなきゃ。

07.09.2005

しわが伸びきってます

会社で何もすることが無い割りに、フリーデスクであまり目立って仕事に関係ないこともできないので、

なんだか、何も考えてない時間が多い。

そのうち脳みそのしわがなくなってしまいそうだ。

何か手を打たなければ。。。

そういや、ちょうど一年前にこの仕事を担当していた人に聞いたら、1ヶ月何もすることの無い月が過去にあったと言っていた。
リソースの無駄使いは社風なのだな。きっと。

« August 2005 | Main | October 2005 »