« December 2005 | Main | February 2006 »

January 2006

25.01.2006

運河

今日、仕事で運河駅へ行ってきた。&初、つくばエクスプレス。

こんなとこに理科大はあるのか。

遠いのお。。。。

21.01.2006

たたきすぎだな

いまフジテレビのニュース番組をみているが、ライブドアをテレビでたたきすぎだな。

ソフトバンクや楽天と比較しているけど、言っていることが間違っている。

評論家ってのは、あくまで無責任な存在だ。

「最初はIT企業だったが、現在は違う」→だからおかしい!的な意見が多い。

そうなの??

大体、企業ってのは創業時のコア事業が発展の段階で他の事業へ取って代わられる場合は多いのだ。

でも、企業として突っ込みどころのあることを行ったんだから、そういう意味ではどうしようもない。

20.01.2006

アンパンマン

なぜ?060120_1720001.jpg

15.01.2006

何を伸ばすか

転職に当たって、これまでの連続性を考えながらジャンプするような選択を行った。スライドするような転職では成長を産む変化が無いので。

新しい担当業務には、これまでの延長上のITエンジニアの範囲もあるが、これまで知識をあまり蓄えておらず、正直言って慌てて勉強している分野もある。

その自分にとって新しい分野にはスペシャリストが多く既に業界内にいるのである。だから、その部分で勝負をする気はない。今回の転職で得たポジションとは、細かなことを勉強しつつも、大きな視点でその分野を見つめ、定義してマーケットを形成していく能力を発揮することだと思っている。それが留学してきて身に着けたスキルをコアにしながら成長するよいプロセスだと考える。(なーんて書いているけど、発揮というか、この部分を鍛えなくてはならないのだけれど。)

また、自分だけでは何でもできるわけではないので、バランスを取りながら、周りとチームで業務を遂行していくことも大事なことであると日々痛感中である。

05.01.2006

なんでもない日記

Cwrt Mawr
Pentre Jane Morgan
Waunfawr
Ceredigion

さて、何でしょう。

これらは、私がUKの留学時代に住んだ学生寮・家族寮の名前です。(私は14ヶ月の滞在中に4箇所の寮を渡り歩いた)

最近、ウェールズの事をどんどん忘れているので、いま思い出したのを慌てて書き留めてみました。

とくに最初のCwrt Mawrなんて、どう発音すればいいのかさっぱりでしょう。

僕らはコートマウア~もしくは、コートモールと発音してた。(最初に町に着いたとき、自分の寮の名前すら発音できずに、タクシーの運転手に大学からもらった書類を見せて寮まで運んでもらった)

ウェールズ語が、英語とはかけ離れたまったくの別言語であることに留学当初は驚いたことを思い出す。

日本に住んでいてもちっとも役立たない知識だけど、はぁ~、懐かしい。

手帳を買う

あけましておめでとうです。
昨年の12月26日から今日までずーと風邪で酒を一滴も飲まずに年末年始を過ごしました。
まだ、わずかに喉が痛い。

で、昨年は、手帳を持っていても、ちっとも書き込むことが無かったんだが、さすがに今年はそんなことは無く、慌しいだろうと予想されるので改めて手帳を買うことにして、折角なので銀座の伊東屋へ行ってきた。
伊東屋

日程管理だけであればアウトルックで充分なんだが、じゃあそれだけでいいのかって言うと、例えば限られた時間・空間である会議の場で持ち込んだパソコンでやれる場合と、そうでない場合がある。そうするとやっぱ紙ベースでの管理というのも必要ではないかなと。(次回の日程は・・・、という際に外部の方と、その場で意思決定を必要とする場合に、手元に自分の予定が無い!というのは避けないとね。)
最初は、アウトルックをプリントアウトして使ってりゃいいかなとも考えたのだけど、それも見た目にダサいので、そんなに情報のインプットを必要としない範囲で使いやすそうなものを小一時間くらいかけて選んだ。

見開きで1週間が管理できるタイプで、日別に時間管理もできる。
とりあえず、これでやってみよう。

あと、ノート管理についても考えて、いわゆる大学ノートではなくて、あとでバインダーで整理できるようはがせるタイプのノートを購入した。サイズはB5。A4が一般的なんだけど、大きすぎて持ち運びに不便かなと考えた。

パソコンで何でも管理ってのもアリだとは思うが、自分の思考の履歴くらい形として残しておいた方が、追跡性が保証されていていいかなと。

システム手帳にすればいいのかもしれないけど、ごっつくてあまり興味が無いので、上記のように管理してみることにした。

どうなるでしょね~。

もし、USで挑戦が始まっているようないわゆるWeb 2.0的と言われているアウトルックと競合するウェブカレンダーサービスが日本でも登場し、しかも携帯電話でもチェックできるようになったら私はそのサービスに移行すると思う。使い勝手次第であるが。
自分が手がけるチャンスなのかもしれないが、多分それはもう遅いはずだ。きっとグーグルがカレンダーサービスを今年は始めるはずだしね。

« December 2005 | Main | February 2006 »