« January 2006 | Main | March 2006 »

February 2006

27.02.2006

取材

今日、取引き先との打ち合わせにテレビの取材が入った。
内容は内緒だけど、すごく緊張したよ。
テレビに写るのは、ジュネスの春祭以来だな。
何秒写るかな〜

26.02.2006

合宿準備

演奏会が2月12日に終わったばかりだけど、次の演奏会の準備で、合宿所の手配。

河口湖で2件のホテルへ問い合わせて、どっちも空いていたので、両方仮予約。

一つは、大学時代宿泊させてもらい、ホールも広いので気に入っているんだけど、夜中に飲み会が好きなだけできるのかが分からないので、下見次第かな。

24時間音だししたいという意見を事前に聞くが、前回の合宿での飲みっぷりを考えると、誰もうちのオケじゃ夜中練習しないんじゃなかろうか?

21.02.2006

終電

あれこれしてたら、終電になった。

そんでもって、いま、駅前の西友で買った30%オフのご飯を食べつつオリンピックを見ている。

まあ、そんな日もあるさ。

20.02.2006

なにもしない勇気

ポジションが上に行けば行くほど、部下へ権限を委譲し、何もしないくらいの勇気を経営者は持つべきではなかろうか?

優秀なマネージャーは、日々のオペレーションそのものに従事するより、オペレーションの仕組みを考えたり、新たな場を構築する事に集中すべきではなかろうか。

それが、部下やチームが有効に機能しだす。

今まで自分がしてきた仕事は回りに任せる勇気、それが組織を強くし、大きくする。

何もしなかった土日

慌しかった1月2月も演奏会が終わり、なんだかひと段落。(先週、サントリーでコンサートをしました。)

本番前の金曜日から、あまり睡眠を取れず、くたくたで、そのまま休み無く先週一週間を働いて過ごしたので、この土日は何もせず、惰眠をむさぼり、だいぶ回復。

気持ちも新たに、明日からバリバリいくとしよう。

17.02.2006

どっち?

経営することは、現場のプレーヤーとは違うわな。
そんな事が気になる今日この頃です。

16.02.2006

やるべきこと

転職して改めて思っていたことは、システムを受託開発していても会社の発展に繋がらない。事業として製品やソリューションを開発し提供しなければ、その他大勢でしかない。Web業界で実績あるんだから、蓄積した知を顕在化させることをしなければならない。
これは個人ではなく、組織力が試されるのではないだろうか。
いまは会社として、大きくなれるかどうかの帰路にいる。

11.02.2006

考えさせられます

入社して2ヶ月目なので、未だ試用期間中である。

だが、自分の担当する部署の採用活動は、半月前から行いだした。自分の部署の組織計画も立てている。

自分自身もつい最近、応募者と同じような気持ちで、自分と反対側の席にいたので、その人の気持ちがとても分かってしまう。だから、ちょっと背伸びして自分をアピールしているということも、すぐ分かってしまう。

どういうキャリアを歩むのか、ということも中途採用に関わると、自分と比較して、やっぱり考えさせられてしまう。
人材ビジネスの方は、きれいな経歴とか、あまりきれいでない経歴とか転職希望者の事をいうんだけど、人それぞれ事情ってものもあるので、その辺はうちみたいなベンチャーは、あまり気にせず、やる気と人柄と経験値の高い人を採っていきたいなーと思っている。

転職を経て自分は運よくポジションを上げられてきたけど、いつも自分では、これは偶然ではないのか?いつ、外されるのではないのだろうか?と少々臆病な気持ちと、周りの期待に応え、貢献しているのか?周りを生かしながら仕事を進めているか?などなどコミュニケーションを意識しながら仕事をしている。

あと転職は、スライドではなく、ジャンプするべきではないだろうか?と思っている。そういう考え方に基づいて、ジョブチェンジに近い転職を過去にしてきたが、採用活動を通じて感じた事は、多くの人はスライドに近い転職をしているのだなあと。人の採用に携わると、キャリアディベロップメントは慎重にいかないといかんなぁ~と思うのであった。

でも機会があれば決断するという勇気も重要なんですよ。

10.02.2006

メインドメイン

メインドメイン、あるいはコアコンピタンス、つまり自分の立ち位置を明確にすることは重要です。
ソリューションとか言っても、強み以外で勝負してもしょうがない。
顧客に独自の価値を提供することが相手も自分もはっぴーになるのではないか?

06.02.2006

企業文化

企業文化と会社の拡大について私の在籍した会社の事を書いてみる。

私が前いた会社って、中途をどんどん採用して、どんどん辞めてく変な会社でした。
残るっているのは10年以上昔に新卒で入社した人ばっかり。

ひと言で言うと、同僚を尊敬しない不思議な人たちが管理する会社だったかな。

新卒で入社していれば、それが当たり前だと思って社会人として成長するので、疑問を持たずにいれば何ら不幸せなことは無い。

が、中途で入社すると、こりゃえらいやばい会社に来ちゃったなーと勘のいい人はすぐ分かっちゃう。で、次の場をある程度の期間から探し出して逃げ出しちゃう。

一時期、新卒を採用しなかったらしいんだが、そろそろ事業規模も順調に伸びてきていて、中途だけでは足りないし、企業としての力を成長させるには新卒も必要じゃんってことで採用し始めた。だけど、中途採用の人たちが客観的な真実を教えてしまうので、新卒入社の人も1年で辞めてしまう傾向が強い。(管理職の多くがプロパーで、他人を敬わない傾向が強いからどうしようもない)
厳しい就職時代に生きる次世代を担うべき若者は、物事を良く考えられるので、こりゃやばいと思って退散するんだな。

こういう企業文化では、従業員は同じベクトルへ向いていないので、組織としての踏ん張りが大事なときに効かない。エネルギーが拡散してしまうので、集団としてのエネルギーが期待値より下回ってしまう。

事業を拡大するためにヒューマンリソースが絶対的に必要であるなら、組織の仕組みではなくて、人と対話する、相手の心と向き合う、会社のメッセージを正しく伝える、ということをしつこいくらい続けられる管理者を育てることだな。

新卒の育て方、中途社員の扱い方、両方とも大事です。

口コミとデータベース

Web2.0って言われているなか、

今年は口コミがキーか?

口コミを何とかしてネットワーク化して、DBとして取り込むか。

これがキモかなと。

05.02.2006

実は

1月からの新しい仕事、完全に爪先立ちで毎日テンパってます。

楽しいけど、エライ大変な仕事引き受けたなぁー。

と軽くぼやいてみました。

明日もはよから会議だ。

がんがろう。

現実的ではないか・・・・

やるかどうかは置いといて、かなり面白そうなITのコンサルの話が目の前にある。
わざわざUKまで行って経営のための勉強をしてきたわけだし、以前はITマネージャーをやってたし、状況が許すならやりたいなーと。

果たしてアプローチ次第ではチャレンジする余地はあるか??

それとも無駄か??

今週中に会社の方針は決めなきゃね。

04.02.2006

四時間

会社の同僚の披露宴。

あっという間の四時間でした。

楽しかった。

お幸せに!

« January 2006 | Main | March 2006 »