« December 2013 | Main | February 2014 »

January 2014

24.01.2014

自責の人、他責の人

後者はダメである。

成長が見込めません。

前者は、内省というプロセスから、成長が見込めます。
答えは自分で見つけるのです。

答え合わせは無いのです。
算数ドリルじゃないの。
人生は。

10.01.2014

自分のキャリアは、自分がデザインすること。

自分のキャリアは自分でデザインする。大事です。
多くの企業にとってITプロジェクトが、目白押しの時代は終わったということが前提になった記事を見て思ったこと。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20140105/527902/?r_cio

何を隠そう、10年前は某上場アドテク系ベンチャーのIT責任者を私もやっていました。ERP導入プロジェクトも終わり、いろいろ考えて転職することに。でも、IT部門ではなくマーケティングへシフトしましたという点が、普通とは違って、私は変わり種ですね。

結果論ですが、社内ITやアドテクを実際に技術面で触っていたマーケターという珍しい存在になれた。
今の時代には、プラスに働いております。

運がよというか、直感というのか^^

09.01.2014

いつでもルール守れば正しいか?

答えは正しくないです。

状況によっては、ルールを破ることも必要です。

私は、こんなことがありました。

某社に勤務していたとき、休暇を取る際は、いかなる時も、理由を書いて、
全社員向けのメーリングリストへ投稿するルールでした。

ある日、忌引きを取ることに私がなったとき、
前日に、同僚にお子さんが生まれました。

生と死は、人生で常におこることです。
しかし、何も、子供が生まれた翌日に、忌引きの理由を書くなんて、
喜びに水を差すと思うわけです。

ところが、労務管理する側から言わせると、ルールを守れとなるですよね。
なんとも、人の心が分からない人であった。

ルールを守っても、正しくないことは、世の中にあるのです。

ふと、思った木曜日の昼下がり。

« December 2013 | Main | February 2014 »