« 延べ50年の経験 | Main | ひいじいさんのお墓 »

20.08.2017

受託ビジネスと事業会社は全く違う

10年前にインタラクティブエージェンシーからパッケージ屋さんに移った時、結構苦労しました。

今でこそパッケージマインドですけど、当時はエージェンシーマインドで満たされており、たまたま移ったパッケージ屋さんでは、タスクフォースのプロジェクトマネジャーにアサインされて、ソフトランディングできました。プロジェクトベースだとプロフェッショナルサービスに性質が似てる。
プロジェクト自体も成功させたし。

が、その後が良く無い。
分かんないんですよ。事業会社としての泥臭い業務が。
ずいぶん周りに迷惑かけたと思います。

優秀なコンサルタントが事業会社に入って活躍するか?
そうとは限らんのです。
事業会社には、コンサルタントのような全員がロジカルかって言うとそんな事ない。
時に、理屈では処理できない事象を受け入れることもある。

自分のキャリアの棚卸しをしていて懐かしく思い書いてみた。

« 延べ50年の経験 | Main | ひいじいさんのお墓 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 受託ビジネスと事業会社は全く違う:

« 延べ50年の経験 | Main | ひいじいさんのお墓 »